お祭り法被から売り出し法被までオリジナル法被なら油屋呉服店へ!独自のデザインで1枚1枚丁寧に仕上げます!
 by衞屋呉服店 ▲@商工会へ
▲豊浜町商工会へ


オリジナル法被 ≪井手向法被≫

 



今回の法被新調の発起人の皆さんです。
三豊市、上高野 井手向地区の法被です。新デザインの法被で 今まで、吉原つなぎが、縦横に入り背中に祭と書いている法被でした。井手向地区の皆さんで考えて頂いたデザインで、その由来については次の様な事だそうです。

背中の大紋:「違い井桁に三つ柏」
  この紋の由来をかきます。井手向は地下水が豊富なことからこの地名になりました。そのおかげで、今でも水不足に
  なっても困ることはありません。そこで、井戸をあらわす違い井桁を採用しました。
  その中の三つ柏は、井手姓、向姓の家に柏の紋の家が多いこと、そしてなにより私たちの氏神さんである五十鈴神社の
  紋が丸に三つ柏なので、その氏神さんにあやかる意味もこめてこの紋にしました。
 
腰柄:三本の川の流れ
  井手向には宮川という川が流れています。この井手向の象徴的な風景である宮川を入れて、井手向の風景を
  あらわしました。
  また、井手向は大きく三つの地区に分かれるのですが、その三つの地区が、いろいろな方向に向かっては行くが、
  一体となって、同じ方向にまとまって進んでいる井手向の団結も表しています。
衿の鶴:
  今から約40年前、今回のように若い衆(し)が先頭に立って作った法被(先々代の法被)があり、
  その法被には折鶴の柄が入っていました。そこで今回、その緒先輩方に敬意を表して、折り鶴を復活させました。

以上の事を踏まえて、井手向の集会場などで、プロジェクター等を使い、バランスよく配置させていただきました。

生地 シャークスキン  染め 1色 紺(今までの法被の色に近い紺)  
着丈95cm 
袖裏 茶白の縞

他のオリジナル法被も見る↓↓
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17)  次へ 


衞屋呉服店
TEL0875-52-2047/Fax:0875-52-2047
   

豊浜町商工会 @商工会・豊浜