オリジナル法被の制作の流れをご紹介!お気軽にお問合せください。
 by衞屋呉服店 ▲@商工会へ
▲豊浜町商工会へ
 
オリジナル法被
・製作の流れ
・今までのオリジナル法被作品集
・問合せフォ−ム
カタログ法被
お祭り法被からイベント用法被まで
オリジナル染物
・<旗・のぼり>今までの作品
・制作の流れ
・お問合せ
買物かご
 
豊浜ちょうさ祭り
リンク集
伊勢音頭歌詞特集


オリジナル法被(製作の流れ)
当店では、伝統とパソコンを使って法被などの作成に取り組んでいます。近隣の場所であれば、こちらから出向き、皆様お集まりの時に公民館、集会場などで液晶プロジェクターを使い小さな画面やプリントでは、分かりにくい法被全体の感じも実物大に表現できます。
お問合せフォ−ム、FAX送信フォ−ム、電話などでお気軽にお問合せください。細部までうち合わせの上、あなただけの法被をお作りします。
■店長のひとくちメモ店長のひとくちメモ
法被の柄もただ単に柄を入れるのではなく、せっかくの別染めオリジナルです、 「何でその柄が入っているの?」と聞かれた時に答えられる、その場所、神社などの 縁の柄を入れてはいかがでしょうか。
昔は法被の身丈(衿の付根から裾までの長さ)が75cm〜80cmが標準的な長さ でしたが、最近は長くなる傾向です。しかし、大勢の方々が着る法被です、色々な 身長の方が居られると思います。
ご来店いただける方は、法被の見本も何点か有りますので、実際に着てみてご検討下さい。

※この画面の下によく使われる書体色見本がありますので参考にしてください。

■こちらからお気軽にお問合せ下さい。↓↓
TEL:0875-52-2047
FAX:0875-52-2047

お気軽にお問合せください。
ホームページで色々なイメ−ジを掴んで頂いたらお気軽にお問合せください。「お問合せフォーム
大まかな柄(色数)、目的、数量、大きさ、納期などを注文フォ−ムに書き、メール、FAX,電話にてお問い合わせください。
担当の合田健二です。お気軽にお問合せください。

担当の合田健二です。
上の写真は、平成15年に豊浜のちょうさ祭りで私の自治会の総代をした時の写真です。見てお分かりの通り私自身、お祭は大好きです。満足のいくオリジナル法被をお作りします。お気軽にお問合せください。
■注文フォ−ム(PDFファイル)を ダウンロ−ドし印刷する方法
・ご注文用紙(PDFファイル)は[PDFファイルをダウンロ−ド]ボタンをクリックしてください。

●注文フォ−ムの記入例を参考にしてください。
FAX注文用紙を取り出すにはAcrobat Reader(無料)が必要です。
こちらからダウンロードできます。↓

 
お問合せフォーム・FAXフォームを元に打ち合わせします
お客様からの「お問い合わせフォ-ム」「注文フォ−ム」を元にうち合わせをさせて頂きます。
基本となる色、柄、大きさ、生地、枚数等をメール、お電話、FAX等にてうち合わせをします。ご質問や疑問点など何でも聞いてください。
納得のいくまでうち合わせをしますのでご安心ください。
(近隣であればご来店でのうち合わせも可能です。)
注文フォ−ム
クリックすると大きな画面になります。→
1回目の見積をします
うち合わせて頂いた基本となるデザイン、枚数で1回目のお見積もり(大まかな目安)をさせて頂きます。 納得のいくうち合わせをします。
仮打ち合わせを元に最終デザインを決定します
仮うち合わせを元に最終デザインを決定します。
柄、色数、数量、オプション(帯、肩当等)を決めます。
お支払方法の確認、最終的なお見積もりをさせて頂きます。この時点で見積り金額の30%をいただきます。
また、 お客様のご質問、疑問点等どんなことでもお問合せください。納得のいくものを作るためにはこれが一番大切なことです。
(当店近隣であればご来店頂いて打ち合わせも可能です。また、場合によっては、こちらからお伺いしてうち合わせもさせていただきます。)
仮うち合わせを元に最終デザインを決定します。
正式注文から約1ヶ月で納品します
デザイン、お見積もり金額、納期、お支払方法等を確認して頂きましたら、正式な注文とさせて頂きます。
(ここから約1ヶ月で納品させていただきます。)

お客様の満足いく夢のある法被をお届けします。
オリジナル法被の正式注文から約1ヶ月で納品します。

●よく使われる書体表
よく使われる書体表
※↑クリックすると大きくなります。

●よく使われる色よく使われる色
※↑クリックすると大きくなります。
色の表示については、できる限り本来のイメージに近づけていますが、個々の環境によって表示が異なることをご了承ください。


衞屋呉服店
TEL0875-52-2047/Fax:0875-52-2047
   

豊浜町商工会 @商工会・豊浜